MESSAGE FROM SENIOR WORKERS 先輩からのメッセージ(建築部)

独自の工法や特許技術等を強みに、自信を持って営業活動が出来ます。営業部営業課 宇野高(27歳)

仕事内容を教えてください

タテ・ヨコ。中林建設は全て繋がっています。

図面のチェックや作図、工事現場での下準備や協力業者との段取りの確認、現場の写真撮影や整理、書類作成等が主な仕事内容です。
このように紹介すると、仕事の領域がとても幅広く見えますが、実はそれぞれの業務がタテにもヨコにも繋がっています。ですから、常に全体の動きをしっかり把握しながら、滞りなく工事を進められるよう関係各署に調整を図っていくことが、とても重要になってきます。
しかしながら、建築部で担当している協力業者数はとても多く、1つの現場で複数の協力業者とミーティングや打ち合わせを行う機会が多々あります。直接会って話をするにしても、1対複数となるだけに、ひとつアポイントの時間調整をするのにもひと苦労です。それでも、上手に調整を図って、無事打ち合わせ通りに工事がスムーズに進んだ時には達成感があります。
社員はみなさんとてもフレンドリーで、仕事に限らずどんなことでも気軽に相談できる風通しの良さがあります。また、僕も含めて若手社員が多く、同世代同士で一緒に集まって飲みに行ったりなんてことも良くやってます(笑)。話は少し逸れましたが、こんな感じでしっかりコミュニケーションを取ることが出来ますから、一人で悩みや問題を抱えるなんてことはありません。楽しく働きやすい環境が整っています。

仕事のやりがいや喜びについて教えてください

形として残るモノ・永遠に心に残るモノ

自分が施工を担当した建物や施設が、これから先数十年と後世に形として残っていきます。それを自分の家族や友人たちに自慢できる点は、この仕事ならではの特権とでも言えるのではないでしょうか。
他に、エピソードとして思い出に残っているのは、ある土手の工事を担当した時、近隣の方に労いの言葉や感謝状を頂いたことです。その土手というのは、工事が行われるまで雑草が生い茂っていて、頻繁に草むしり等をしなければならず、近隣住民の方にとって長年悩みの種だったそうです。それが工事で土手を掘削し、コンクリートで覆うように地盤を固めたことで美観が保たれ、雑草も生えることがなくなったという訳です。決して大掛かりな工事ではなかったものの、どんな仕事であっても「誰かのために役立っている」ということを実感出来たと同時に、現場の大小に関係なく「中途半端な仕事は出来ない」と、改めて身を引き締める良い機会となりました。
あと業務に直接関係ありませんが、資格取得に対する手厚いサポートをはじめ、福利厚生面が充実している点、転勤がないといった点は、僕にとって大きな安心材料となっています。これがあるから、思い切って仕事にも打ち込めるんです(笑)

今後の目標を教えてください

「?」が、ひらめきに変わってきた

今でこそ、技術系の専門領域で仕事をしていますが、もともと大学は経営学部。思いっきり文系人間でした(笑)。何ひとつ知識や情報がない状態からのスタートで、はじめのうちは現場で使う道具の名前すら「?」な感じでした。だから、人一倍勉強しました。インターネットや資料に目を通したり、現場では積極的に上司や先輩に聞いて回ったり、時には職人さんをつかまえて質問したりと、そんなことを繰り返しながら少しずつ知識を付けていった感じです。
周りのみなさんも理解してくれていて、「まずは出来ることからきっちりやっていけば良いよ」って感じで、やさしくアドバイスをして下さいました。スグに結果を出せ、ということでなかったので、僕にとってその一言はとてもありがたかったですね。今、新人さんや後輩に対しても、そういう感じで教えてあげるようにしていますし、これからも若手同士で技術力を競い合いながら、常に向上心を持って取り組んでいきたいと考えています。
僕個人の目標として、まず目指しているのは一級建築施工管理技士の資格取得です。あと2年で受験資格を得られるので、まずはそこを突破して、その次に一級建築士にもチャレンジしていきたいですね。